クルミちゃん訪問


クルミちゃんが訪問しました。
缶詰を沢山いただきました。ありがとうございました。

広告
投稿者: ライム

ボンが安らかに旅立ちました。


別れは突然でした。

食欲もあり、いつも通りに生活していたボンが、虹の橋を渡りました。
17歳と数ヶ月の命でした。
朝、保護施設の入り口付近に倒れていたボンを抱き上げ、水を飲ませてあげると、そのまま旅立ちました。
ひっそりと生活をし、他の仲間とも仲良し。 ボランティアが行くと、案内をするようについて歩いてくれました。

大人しい性格を表すように、誰にも迷惑をかけず、苦しみもなく、静かに去って逝きました。

仲良しのソラと、ヒソヒソ話?

初ボランティアの日には、施設内を案内してくれました。

フーカ婆さんとも仲良し。

ランと一緒にお昼寝。

投稿者: ライム

里親さん募集 ショウマ


6/28に去勢手術が終わりました。
フィラリア陰性
18キロ
手足が長く、筋肉がしっかりしています。
ラブラドール風の優しい目をしています。
穏やかな優しい性格です。

瀕死の状態で行き倒れになり、たまたま通りかかった外国人青年に助けられたショウマ。 青年が、抱きかかえて歩いているところを、通りがかりの女性が車に乗せて、ラブアニマルの施設に連れてきてくれました。女性は、ラブアニマルからの里親さんでした。 翌日は雪。助かる最後のチャンスでした。

命のリレーで助けられたショウマは、施設を自由に走り、栄養も行き渡り、すっかり元気になりました。
里親さんを募集します。

オス 2歳程度。
健康状態良好。
無駄吠えはありません。
人、犬に対して問題なし。
走り寄って伏せをします。
室内外飼育可能。
ワクチン、狂犬病接種済み。
去勢手術後のお引き渡しになります。

上記、医療費など実費経費として、3万円お願いします。

とても遊び好きで、人懐こいです。

運動量が豊富なので、定期的なお散歩と、一緒に遊んであげてください。
家族の一員として終生の飼育をお願いします。

ご希望の方は、ラブアニマル代表 中田まで。
090-8961-3305
ブログのメール経由か、直接お電話ください。



投稿者: ライム

犬保護団体『ラブアニマル』からのお願い


保護した犬たちは、日々の餌代、病院代、施設代がかかりますが、圧倒的に資金が足りません。皆様の少しずつの心が保護犬達の安住の地が出来上がります。どうかご寄付をお願い致します。

犬保護団体『ラブアニマル』中田代表より

≪振込口座≫
都留信用組合 忍野支店
(普)0854548
中田 加寿子(ラブアニマル)

続きを読む

投稿者: ライム

御礼


SH先生。
山中湖のKH様。
定期的なご寄付や、たくさんの老犬のエサを有り難う御座います。

クルミちゃんパパ。
ご寄付とたくさんのエサを有り難う御座います。
クルミちゃん無事保護されて、安心しています。
いつでも、クルミちゃんと遊びに来て下さいね。

シロちゃんのおば様GN様。
エサ代を有り難う御座います。
シロちゃん、ソラちゃん、ボンちゃんが18、17才。
急に体力が衰えて、立ち上がるのもつらそうに見えますが、食欲はあります。
食べたいだけ食べて、用を足す以外はほとんど寝て過ごしています。
寿命が尽きる時が近い事を感じていますが、何とか今夏を乗り越えて欲しいと日々願う毎日です。

h

投稿者: ライム

御礼


ブログを読んでいただいたYさんから、ご寄付を頂きました。
施設まで運んでいただいたご飯、シーツなどは、亡くされた愛犬のものだそうです。
老犬達みんなが喜んで食べたご飯が、旅立たれた愛犬のご供養になれば幸いです。

ありがとうございました。

投稿者: ライム

さようならレオ


里親さんから一時預かりをしていたレオが、旅立ちました。
ラブアニマルのボランティアスタッフでもある里親さんからの、メッセージを紹介します。

『昨日、レオが虹の橋を渡りました。

一昨年の11月に保護された時には、右足が不自由で皮膚病を患い、痛々しい姿でした。
翌月、我が家で引取りを申し出たものの、家族が病に倒れ、8か月間、ラブアニマルの施設で預かってもらいました。
レオにとっては、初めての仲間と広大なドッグラン。不自由な足をもろともせず、ドッグランを毎日歩き続けました。
ここで大好きなミーと出会い、一緒に生活を共にしました。

昨年夏から横浜の実家に引き取りましたが、今までの環境が一変し、レオにとっては、耐え難い苦痛があったと思います。
年始にミーが亡くなり、時を同じくして、レオも寝たきりの生活が始まりました。
餌を食べなくなり、体重は、11キロから5キロに。
日々オムツを付け、夜中は夜鳴きの日々。家族も限界でした。
そんな限られた時間の中、可愛がってくれたトリミングのお店やドライブにも連れて行きました。
一昨日から、痙攣が始まり、餌も水も飲まず、唯一くつろげたバルコニーで横浜の海風にあたっていましたが、力がなくなり、過呼吸と痙攣を繰り返しながら、夜明けと共に去って行きました。
施設を卒業して、ちょうど10か月目の朝の出来事。
思い出は尽きませんが、天国でミーや仲間と安らかにね。
ありがとうレオ。

さようなら。』

 

投稿者: ライム

お礼


SH先生。
山中湖のKH様。
茨城のサンタ君
皆様、暖かいご支援と、いつも老犬の餌を有り難う御座います。

佐藤さんの友人の方、老犬の餌を有り難う御座います。

梅雨入りとなりました。
老犬達にとっては、続く夏が一番身体に負担がかかる時期です。
いろいろ費用も掛かりますので、大変助かります。

2頭の18才の子が、だいぶ体力を失ってきました。
今夏を乗り越えられるか、日々心配して祈っています。
命は永遠ではありませんが、穏やかな旅立ちをさせてあげたいと思います。

投稿者: ライム

御礼


AIさん。
犬保護ボランティア団体『ラブアニマル』へ、ご寄付のお振込をありがとうございます。

老犬たちばかりで、医療費もかかり始めました。
大切に使わせていただきます。
いつでも遊びに来てください。

ランはボランティアさんに、シャンプーカットをして貰いました。

スッキリして気持ち良さそう。

ショウマは、一緒に遊んで貰えるとご機嫌。
もうすぐトライアルに行きます。

投稿者: ライム

シロちゃんの思い出


いつも一緒だった飼い主さんの姿がなく、ひとりで歩いているシロちゃんを見つけた人の不安は、当たってしまいました。

どんなにか、心残りだったのでしょう。 離れて暮らしているご家族の夢に、シロちゃんをお願い、と、毎日出てきたそうです。
ラブアニマルの施設に連れてこられたシロちゃんは、女王さまの風格で、すぐに他の犬たちを従えました。
もう心配することはありません。
普段は、それぞれに離れているご家族が、新緑の中、思い出を語り合う時間。 中心にいるシロちゃんもだいぶ歳をとりました。


投稿者: ライム